手相でプラス

仕事や恋愛、結婚、健康など人生を幸せに導くブログです。

手相をうまく利用する方法、これで人生が楽しくなる


占いで自分の可能性を広げる。


占いは

人の性格や将来をさまざまな方法で

占うわけですが

本当に当てることが出来ているのか?


性格などはその場で確認出来るのですが

将来については

将来にならないとわかりません


答え合わせが出来ないので
当たっているのかわからないです

ごく稀にですが

悪徳な霊感商法のようなものもあるので

占いに対して

胡散臭いと思っている人も多いでしょう


占いが当たると思ってしまう理由に

バーナム効果

コールド・リーディンク

ホット・リーディング

なども考えられます


バーナム効果とは


誰にでもあてはまるような曖昧で
一般的な性格を自分にあてはまると思ってしまう現象


コールド・リーディングとは


会話のなかで相手のことを理解しているようにもっていく話術


ホット・リーディングとは


事前に情報を準備して相手を理解しているようにする技法。


占いはおみくじのように
大吉が出て喜んだり大凶がでて
残念がったりと楽しむぐらいにするか
当たっているかいないかよりも
考え方や生き方の参考にし
プラスになる選択をするための道具
として使うのが良いと考えます


占いをうまく利用すれば
ポジティブな思考を
維持することができます


当たっていると思い込んで
依存してしまうことは

避けたほうがよいでしょう





手相をみてわかることから



いろんな占いがありますが
手相は
人の体の一部(手のひら)をみるので
当たりやすいとは思っています。


しかし

当たる当たらないという決め方が

違っているように思っています


手相は脳や体の状態が

手にあらわれているので

性格や思考、体調などわかりやすいです


因果関係のないもの

天災や事故などはわかりにくいです


どちらが良いか?

という二者択一的な質問への答えも

難しいかもしれません


手相では現在の状況を確認して

将来を推測することは

出来ると思っています

そこから良い選択をすることが大切です


霊感のような特殊な能力は必要ないので

自分で手相をみて将来を推測し

良い人生になるように

自分でもっていくことが出来るのが

手相の魅力です


「自分で」というのが重要です


占いで一番いけないことは

占いに依存してしまって

自分で何も決められなくなってしまうことです


どうしたら良いかを占いでないと

決められなくなってしまうと、

悪徳な占いに騙されてしまいます




心を変えて人生を変える19のエクササイズ



手相は右手をみるのか、左手をみるのか


手相の本によって違いがあります

男性が右手、女性が左手

利き手をみる

手を組んで親指が上になる手をみる

等々


やはり基本は

両手をみて比較するのがいいでしょう


左手が生まれ持った先天的なもの

右手が後天的なもの、

それを踏まえて両手を確認するのが

最近では多いようです


脳と手相の関係を考えると、

左脳が右手、右脳が左手にあらわれます


現代社会では左脳を使うことが多く

右手が変化しやすいことから

右手が後天的な手相と言われている理由です



『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)


まとめ、手相は変わります


手相は考え方や体調によって変わります

良かったものが悪くなったり

悪かったものがよくなったり

そのため当たるという考えは捨てて

良いものを伸ばす

悪いものを消すといった

考えでみるのがよいでしょう


健康診断の結果と似ていると思います

良い結果は維持して

悪い結果には食生活を見直したり

軽い運動をしたり

悪い結果を改善しようとします

傾向と対策といった感じでしょう


あなたの人生が

楽しく良いものになる道具

として手相や他の占いを

利用してみてください