手相を見てプラスな人生

仕事や恋愛、結婚、健康など人生を幸せに導くブログです。

男子トイレで隣に他人がいるとおしっこが出ない人いませんか?

男子トイレでの苦痛

男子トイレは女子トイレとは違い、個室でない為に、落ち着いておしっこが出来ない人がいます 隣や後ろに他人が立っているとおしっこが出なくなる そんな悩みを持っている人が以外と多いようです 私もそうでした 何故そうなったのか?いつからなのか?は全く記憶にはありません これから書くことは解決するヒントになると思いますので、同じような悩みのある人は実践してみてください

集団行動での苦痛

自由におしっこに行ける環境の時は良いですが、集団行動になると、トイレタイムが決まっていたりします 会議やセミナーなどは、休憩時間の10分程度の間にトイレを済ませないといけません 出張や旅行でバスや車で移動する時もパーキングエリアなどで済ませないといけません みんなが一斉に行くので、他人が後ろに並んでいますし、隣にも誰かが用を足しています 大便のふりをして個室トイレに行く作戦をとることもしばしばありました しかし、何度も大便に行くのもおかしいですし、一度しか使えない作戦です 他人からすれば、大したことではないことなんですが、本人は苦しんでいます

自意識過剰が原因かと思います

個室や他人がいない時は普通に出るので病気ではないとは思います 精神的な問題、自意識過剰、神経繊細で周りの目を気にし過ぎなのではないかと思います 周りの目を気にしすぎる、神経繊細な人の手相は、横線(雑線)が多くなります あなたも同じ悩みを持っているのなら、人前でのスピーチも苦手ではないですか? 「人前でのスピーチが苦痛」と「隣に他人がいるとおしっこが出ない」悩みは、同じような原因ではないかと思います スピーチで緊張しない方法を参考に応用してみるとおしっこの悩みも解決出来ます 脳は否定を認識しない法則 スピーチで緊張しない方法の中に、脳は否定を認識しないというのがあります 「緊張するな」の「するな」を脳は認識せずに、「緊張しろ」と命令しているのと同じだということです 「緊張するな」と思えば思うほど緊張してスピーチがうまく出来なくなるというわけです なので、「緊張するな」と思わずに「リラックスしよう」「楽しむぞ」と思うようにした方が良いです トイレの場合も同じようなことで、何故か緊張してしまって「緊張するな」と思ってしまっているはずです 「おしっこを出さないといけない」みたいな強迫観念が働いているとダメです 軽く「出る出る出る~」「漏れそう」みたいな言葉を思い浮かべながら、リラックスすることを心がけてみましょう 結局は場数を踏むしかないです スピーチでもそうですが「緊張するな」と思わないでリラックスしようと思ってやってみても、すぐにうまく出来るわけではありません 結局は場数を踏むしかないのです 何でもそうですが、訓練しないとうまくなりません 苦手意識があることで場数を踏めなくなっています 苦手だから避ける、避けているとうまくならない こんな悪循環をおこしてしまいます 周りはそんなに気にしていないことを理解して、リラックスして場数を踏んで、うまくなるしかありません トイレの場合も場数を踏むしかないです スピーチに比べると、場数を踏むチャンスはたくさんあります これまでは他人の多いトイレを避けていたと思いますが、あえて他人の多いトイレを利用してみて下さい 最初は余裕のある状態でやると良いでしょう 例えば帰宅途中の駅のトイレや休みの日に公園やショッピングセンターのトイレなど 万が一、おしっこが出なくても、後で時間に余裕があり、違う場所で出来るような状態で訓練してみましょう そうしていると、少しづつ改善されていきます 大したことではなかったと気づく時がきます 原因は苦手意識だけだと思います 隣や後ろに他人が立っているとおしっこが出ない原因は結局、苦手意識だけだと思います 個室や他人がいなくても出ないのであれば病気かもしれませんので病院で診てもらわないといけないでしょうが、他人がいる時だけ出ないのであれば病気ではないでしょう